技術ニュース

2021/6/18“精密”板金加工って何?

精密板金加工と板金加工の違いは?

一般的な板金加工には自動車板金、建築板金、プレス板金といった加工方法があります。なかでもプレス板金は、専用金型を製作して穴あけ加工や曲げ加工などを行い、電気機器や工作機械、半導体製造装置の部品などを製作します。一方で精密板金という言葉も耳にすることがあります。では、一般的な板金加工との違いはどんな点でしょうか。

大きな違いのひとつは、精密板金加工では特別な金型は使わないという点です。汎用の金型や治具を組み合わせ、切断・穴あけ・曲げのほか、タップ加工・ザグリ加工・バリ取り・R面取・絞り加工・カシメ・溶接・ネジ止めなど、さまざまな技術を組み合わせて複雑な形状を作り出します。精密の言葉が示す通り許容される誤差の範囲が厳しいことも特徴です。曲げ加工では、誤差0.10.2mm、抜き加工では誤差0.05mm以下という精度が求められます。

 

幅広い素材に小ロット多品種に対応できる

 精密板金でつくられるものは、電子機器、通信機器、半導体製造機などに使われる極小部品や、気密性が求められる医療機器向け筐体のように、複雑で精密な形状のものが多くあります。そのため素材は比較的薄いものが用いられますが、材質は通常の板金加工に比べて幅広く、鉄やステンレス、アルミの他、銅や真鍮なども使われることがあります。

精密板金加工は、新規に特別な金型を製造する必要がありませんから、イニシャルコストを低く抑えられることも特徴です。小~中ロット程度の加工であれば、低コストでの加工・製作が可能になります。一方で一度に数千ロットが必要になるような大量生産には向きませんから、製造目的にあわせた加工方法を検討する必要があります。

もし群馬エリアで、精密板金の試作・サンプルの製造を相談してみたいという方は、群馬県伊勢崎市のエムティアイ株式会社にお気軽にお問い合わせください。

イメージキャラ

お問い合わせはこちら

お気軽にご相談ください。

イメージキャラ